Ha Tinh のベトナム語 ベトナム語WEB留学

Ha Tinh のベトナム語

諸般の事情から、Ha Tinh 省のベトナム人の男の子(19歳)に日本語を教えています。

Ha Tinh 省というのは…

ベトナム中北部、ハノイとフエの中間ぐらいにあります。この地方は厳しい気候のせいで農業も発達せず、ベトナムでも貧しい地域として知られています。

しかし中北部は貧しいが故に教育熱心なことで知られており、歴史的にみても故ホーチミン主席やヴォー・グエン・ザップ将軍(まだ存命です)など、多くの著名な文人・武人を輩出している地域です。

で、このベトナム中北部なのですが、実はベトナムで最も方言がきつい地方の一つでもあります。山岳少数民族などは別にして、その訛りはかなりのもの。外国人の僕でも、はっきり「うぉ、訛ってる!」って思うぐらいキツイです(ゴメンね、ドン君…)。

僕といっしょに、日替わりで彼に教えているサイゴン人の日本語教師に至っては…

「同じベトナム人だけど、何言っているかわからなくて、しょっちゅう聞き返している」

僕の場合は授業中ベトナム語を使わない「直説法」という教授法で教えていますからまだ苦労は少ないですが、サイゴン人の彼女はかなり苦労しているようです。

う〜ん、彼のベトナム語を録音して、みなさんにもその違いを聞いてもらいたいですね。声調の使い方にもかなり特徴があるのですが、日本の山形弁に似たイントネーションが一番印象的です。

あまり聞く機会のない中北部の方言を聞くことができて、いい経験ができてます^^。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。