ベトナム語学習書書評 ベトナム語WEB留学

ベトナム語学習書書評

私KENが、独断にてベトナム語学習書を斬ります! 目的にあわせた、効果的な使い方をしてください。


旅の指差し会話帳〈11〉ベトナム
★★★★★

コミュニケーションのツールとして、これ以上のものはない。ベトナム旅行には必携の書。この本があればベトナム旅行が何倍も楽しくなるハズ。

正しい使い方:
ベトナム旅行にもって行き、これを使いながらベトナム人と友達になる。

間違った使い方:
学習書として1から覚えようとすること。






まずはこれだけベトナム語
★★★★

学習書として非常によくできている。はじめに発音の基礎、基本語彙、構文、実用編と構成もすばらしい。ベトナム語入門書として一押し!ただ南部発音と北部発音の両方が取り入れられているので、その点で初心者には混乱があるかもしれないので注意。南部か北部か、自分にとって必要なほうを選択し、ちがうほうは無視しよう。また、文脈のある会話が少ないので、これで会話ができるようになると思うのは間違い。

正しい使い方:
ベトナム語の入門書として。CDを何度も聞きながら、耳で覚える。

間違った使い方:
ゆっくり覚えること。ベトナム語の基礎の基礎なので、この段階は1日も早く通り過ぎなければならない。ある程度本気でベトナム語を身につけようと思うなら、聞きまくり発音しまくり、1ヶ月以内で終わらせること。






GO GO ベトナム語−初めての会話−
★★★★

初心者の会話のための教科書。「まずはこれだけ」で基礎の基礎を身につけた人が、2冊目の学習書に使うのが効果的であろう。コラムも面白い。舞台がホーチミン市なのに、ハノイ発音でCDが収録されている点は気になる。また、文脈もやや不自然なこともあるが、そこは目をつぶろう。

正しい使い方:
基礎の基礎を身につけた人が、会話入門教科書として使う。

間違った使い方:
基礎の基礎もわからない人が、最初の1冊目として使うこと。






ベトナム語のしくみ
★★★★★

語学の学習書というよりも、ベトナムに関する解説書のようで、抵抗なく読める。ベトナム語の全体像、つまり「しくみ」をわかりやすく、語り口調で解説している。すこしベトナム語学習が進んだ人が読めば、目からウロコがおちるだろう。CDはハノイ発音。

正しい使い方:
ある程度ベトナム語学習が進んだ人が、肩肘張らずに読んで、ベトナム語に対する理解を深める。

間違った使い方:
最初の1冊として使うこと。ただし斜め読みして、モチベーションをあげるためならOK。






ゼロから話せるベトナム語−会話中心−
★★★

ひとりの日本人のベトナムでの出会いから別れまでというストーリーになっている。短い会話を中心に構成されており、各課ごとに詳しい文法や表現法の説明も載っている。また発音と文法についてもそれぞれ詳しい解説があり、3冊目ぐらいの学習書として適当だろう。CDはハノイ発音。

正しい使い方:
ある程度会話に慣れた人が、実力アップのために使う。

間違った使い方:
最初の1冊、入門書として使う。





ゼロから始めるベトナム語−文法中心−
★★★

文法を中心に書かれた教科書。基礎文法事項を、コンパクトにわかりやすく教えている。しかし易から難への移行速度が速いのが欠点。CDはハノイ発音。

正しい使い方:
初心者が文法の基礎を学ぶのに使う。ただし7課まで。7課以降は、中級入門ととらえよう。

間違った使い方:
まじめから終わりまで、ひととおり全部勉強すること。





はじめて学ぶベトナム語
★★★

上記「ゼロから〜文法編」と同じ著者による本。内容も大体同じ。好きなほうを選んでください。





こうすれば話せる−CDベトナム語−
★★

めずらしく南部発音でCDが収録されている。内容は案外高度、特にCDは速い!。何冊かの学習書を終わらせた人が、さらなる実力アップ(特にヒアリング力向上)のために使うといいだろう。

正しい使い方
中級入門書。ある程度の基礎ができた人が、特に南部発音になれるために使う。

間違った使い方
初級者がいきなりこの本を使うこと。





SS式すぐに話せるベトナム語
★★

CDは南部発音。文型を紹介し言葉を代入していくという構成は、初心者にはとてもいいと思う。しかし、いかんせん文型が多い…。根気よく勉強できる人にはオススメ。また、日本語訳があまりよくない。



この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16597642

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。