所変われば常識も変わる… ベトナム語WEB留学

所変われば常識も変わる…



所が変われば常識も変わる。言葉の意味だって変わってくることもあるわけです。我がベトナムも例外ではありません。



たとえば…





「日当たりのいい家に住みたい。」


日本人ならこの言葉に疑問を持つ人はまずいないでしょう。でもここホーチミン市では、「なんで???」になっちゃう。


というのも、年中暑いホーチミン市では(中部以北は気候が変わります)、日当たりのいい家は蒸し風呂状態。できるだけ「日当たりの悪い所に住みたい。」が、ここホーチミン市での常識です(笑)。


カナダの日本語教師の方の話では、


洗濯物はトコトンためて、いっきに洗い、ぜんぶ乾燥機で乾かすカナダ人。「天気がいいので、洗濯します。」っていう感覚を理解できるはずがない。

「せっかく天気がいいのに、洗濯するヘンな奴!」・・・になっちゃう。

「なんでわざわざ、天気のいい日に洗濯するの?」(・_・?) という気持ち。



なんだそうです。


その他、タイの日本語教師さんから聞いた話。バンコクの出稼ぎ人が田舎の親に書く手紙に曰く、


「バンコクは毎日晴れていて天気が悪いです…。」



雨が降らないと農作物が育たないから、晴れている=悪い天気。



所変われば…。いや、日本語教師の仕事って面白いもんです。





.
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。