ベトナム語学習の失敗法則(笑) ベトナム語WEB留学

ベトナム語学習の失敗法則(笑)



ベトナム語学習、こうすれば間違いなく失敗できます(笑)。失敗から学ぶ成功への道、あなたの学習法は大丈夫ですか。


なんていうと、語学の達人と誤解されてしまうかもしれませんが…。かく言う僕自身、フランス語は完膚なきまでに挫折、英語でも挫折を数多く繰り返しました。


これでまで自分も含め、職業柄、日本人・ベトナム人の数百の挫折例を見てきました。その中で、ほぼ共通している点を並べてみました。名づけて、「ベトナム語学習の失敗法則」(笑)。


1.見切り発車


ベトナム、気に入っちゃった。ベトナム語、ちょっとやってみようかな…。


で、数日後暇を見つけて本屋へ足を運び…。


1年後の彼(彼女)は、どうなっているでしょうか。おそらく、「今日は」と「ありがとう」ぐらいしか話せないでしょうね。


自分がどうなりたいのか、確たる目的がなくベトナム語学習をはじめるのは、着陸地を決めずに離陸した飛行機の如し(笑)。飛び立ってから「あれ、俺どこ行くんだっけ?」と言っても、ときすでに遅いです。


ほどなく燃料(モチベーション)切れを起こし、墜落(挫折)…、です。


一年後の自分は、何をどう学習して、どうなっているか。超〜リアルに想像できる人が、成功します。



2.ウサギとカメ


「ゆっくり着実に」。ゆっくりでもいいから、着実に続けることが大事なのだ! 


迷信です(笑)。カメ作戦が通用するのは、超初心者レベルを脱してから。


テイクオフには、ある程度の速度が必要です。最初のモチベーションが切れる前に、一気に最低限の基礎を脳に叩き込む。助走に失敗すれば、滑走路をオーバーランして大破(挫折)…、です。


人力飛行機では、せいぜい100メートルぐらいしか飛べません。目的地がはるか彼方なら、せめてセスナ機にぐらいには乗りましょう。


ベトナム語学習の初期の初期では、ウサギ作戦こそが、正しい方法です。


3.予定は未定


継続は、やはり力です(当たり前か…)。先ほどの「ウサギとカメ」とは相反する? いや、よく見てください。


カメ作戦が通用するのは、超初心者レベルを脱してから。


無事離陸を果たしたら(基礎の基礎を頭に叩き込んだら)、後はカメ作戦です。


またまた飛行機ですが(笑)、飛行中にエンジンを止めてしまえば、もちろん墜落。目的地に着くまでは、エンジンをストップしてはなりません。


学習を習慣化することが、失敗回避の要諦。いつ勉強するか、しっかり予定をたてて、取り組んでください。


4.お勉強


ベトナム語を頭で覚えようとすると…。


記憶力との格闘となります。単語帳を作って通勤中に眺めたり、何度も紙に書いて覚えようとしたり…。


あなたは自分の記憶力のなさに、絶望するでしょう(笑)。


私の無料レポートでも紹介していますが、受験勉強のような「お勉強」をしていると、いつまでたっても「ベトナム語が使える」ようにはなりません。


よろしいでしょうか。もう一度繰り返します、ベトナム語学習の失敗法則。


1.見切り発車

2.ウサギとカメ

3.予定は未定

4.お勉強


自戒と後悔を込めて…。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。