ベトナム語ってどんな言葉? ベトナム語WEB留学

ベトナム語ってどんな言葉?



ベトナム語って、どんな言葉なんでしょうか。その特徴を見てみましょう。

文字
 A〜Yまでのアルファベットに、ベトナム語独特の声調符号をつけて表記します。英語のアルファベットと違う点は、F, J, W, Z が使われない点、Dが2種類ある点(音が違う)です。
 フランス統治時代以前は、チューノムという、漢字を応用した独自の文字が使われていました。

文法
文法は、主語・動詞・目的語という、英語とほぼ同じ語順が基本になります。しかし英語と違い、時制の変化がなく、単数・複数で形が変わらないなど、文法そのものはかなり単純で学びやすいといえます。

発音
12の(単)母音、28の(頭)子音、さらに6つの声調があるので、世界の言語の中でも、ベトナム語は発音の難しさがかなり高い言語にまります。

語彙
ベトナム語の語彙は、中国語経由の言葉が非常に多くあります。したがって、Trung Quoc (チュンクオック・中国)、Han Quoc (ハンクオック・韓国)、quoc gia (クオックヤー・国家)…等、漢字に直せる言葉が多いので、この点は日本人に有利です。

方言
 ベトナム語は方言差が非常に多い言語で、北部・中部・南部で発音がかなり異なり(さらにその地域内でも細かな違いがあります)、出身地域が違うと、意思の疎通に支障をきたすことすらあります。
 ベトナム語には、厳格な意味での標準発音と呼べるものがありません。イギリス英語のBBCイングリッシュや、アメリカ英語のCNNイングリッシュ、日本語のNHK発音のような、範とされるべき発音は、定まっていないといえるでしょう。


まとめ
まとめて見ますと、我々日本人がベトナム語を学ぶに当たって有利な点は、

1.漢字に変換できる、日本語と似た言葉が多くある

2.アルファベットが基調なので、文字面からもとっつきやすい

3.文法が単純

という点にあるといえます。中でも、1は大きいですね。抽象的な難しい語彙になればなるほど、この特徴が生きていきます。

逆に我ら日本人に不利な点は、やはりなんと言っても発音の難しさ。こればかりは、どうしようもありません。解決策は、できるだけ単語単位で話さないこと。文脈があれば、少しぐらい発音が間違えていても、わかってもらえます。


以上、ベトナム語の特徴を簡単にまとめて見ました。
この記事へのコメント
名古屋に住む会社員です。仕事がグローバル化しており、将来、我が社でもベトナムに営業所を設立するのが目標です。是非、ベトナム語を習得したいと思っております。
Posted by 青山高士 at 2011年05月18日 22:34
青山様、コメントありがとうございます。機会がりましたら、当方のオンライン講座もご検討を(笑)。営業所設立、目標達成をお祈りいたします。
Posted by 石川 at 2011年05月18日 23:40
先週納期チェック等でベトナムへ出張しました。
今後ベトナムで生地を生産しベトナム国内で縫製
製品を日本へ輸入するケースがより増えそうです。ベトナム語を勉強する必要を感じています。
Posted by 小川喜隆 at 2012年04月16日 12:36
コメントありがとうございます。その節はぜひ当講座を(笑)。今後ともよろしくお願いします。
Posted by KEN at 2012年04月16日 13:48
さいたま市に在住しています。ハノイに住んでいるチャイルドから「近々是非ベトナムに来てください」と手紙をもらいました。
この機会にベトナム語を勉強したいと思っています。
Posted by 小澤昭信 at 2012年07月01日 21:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。