ベトナムで働きたい ベトナム語WEB留学

ベトナムで働きたい



ベトナム語を学習中のあなた、やっぱりいつかは、ベトナムで働いてみたいと思っていますか。


ベトナムでの日系企業の採用について、一般的な話をしてみます。

まずベトナムの日系企業で働きたい、という場合、当然といえば当然ですが、現地(ベトナム)採用と本社(日本)採用とでは、待遇に格段の差があります。ですから、日本でベトナム語力をアピールし採用される⇒ベトナムへ赴任、というパターンが理想です。


しかし理想はおいそれと叶わないから、理想というのでしょう。そう事がうまく行くことは、まあ、めったにありません。


ということで、手っ取り早く現地採用を目指すなら。


まず求人情報はこちらから。

ベトナム生活クラブ求人情報
http://www2m.biglobe.ne.jp/~saigon/kyuujin.htm

お仕事.COM
http://www.oshigoto.com/


さて、ベトナムで働くに当たり求められるスキルですが、自分の専門以外に必要なものは…


英語能力です。


 意外にも、求められるのはベトナム語力より英語力。ベトナム語の能力が求められることは、あまりないと言ってもいいでしょう(もちろん職種にもよりますが)。


ですから、もしあなたがベトナムでの就職を望んでいるなら、TOEIC730点を目標に、英語学習にも励んでください。


働きながら生活するうえで一番大切なのは、英語の読解力、それも速読力です。英字新聞が速読できるレベルにあれば、現地の英字新聞で情報も仕入れられますし、社内のペーパーワークにも役立ちます。


そもそも社内のベトナム人社員も、一般的に英会話力は高くないので、会話力より速読力を目指すべきです。


そんな観点で、英語力増強のために私が一番役に立った教材をお勧めします。


茅ヶ崎方式英語学習方
http://www.chigasakieigo.com/method/method.html


ご存知の方も多いでしょうが、NHKラジオジャパンで英語ニュースを書いていた方が運営しています。リスニングを基盤に、身近な時事問題を、厳選された4,000語の語彙で学習していこう、という教材です。


茅ヶ崎方式英語教本BOOK1で基礎1,000語、茅ヶ崎方式英語教本BOOK2でもう1,000語を徹底的にドリル練習しますが、この2冊をあげるだけで、もうベトナムの現地英字紙(Vietnam Times やSaigon Times など)はほとんど苦もなく読めるようになっています。


僕が知る限り、「英字新聞が楽に読めるようになる」ために、一番優れている教材です。ベトナムでの就職・生活を目指すのなら、ぜひこれでベトナム語力と共に英語力もつけてください。


目指せ、プチ・トライリンガル!
この記事へのコメント
これからベトナムにわたり、日本語教師として現地で働こうとしている者です。情報収集をしていてこのサイトに出会いました。ベトナムでも英語が必要だということがわかりました。茅ヶ崎式の参考書を買って勉強してみます。
Posted by 一兵卒 at 2008年10月20日 13:38
コメントありがとうございます。日本語教師ですか。それなら、英語よりベトナム語のほうがいいかも…、です。直説法で教えるのならベトナム語は使わないでしょうが、知っていたほうがなにかと有利です。がんばってください。
Posted by KEN at 2008年10月20日 15:36
私はイギリス人ですけど、ベトナムでのお仕事を探しているところです。できれば、英語教師以外の仕事がしたいと考えております。英語と日本語をベトナムで行かしたいとおもいますが、なかなかそういう仕事がなさそうですけれど、何かコツ、知っている求人ウエブサイトがありましたら、ぜひお願いいたします。
Posted by スコット at 2011年06月22日 01:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。