ベトナム・コラム ベトナム語WEB留学

東北関東大震災・ベトナム語通訳翻訳ボランティアいたします

東北関東大震災、ベトナムでも連日大きく取り上げられています。

テレビやインターネットで祖国の惨状を見るにつけ、胸が痛くなります。亡くなられた方のご冥福、被災者の方々の一日も早い日常生活の復帰、そして早期の原発事故収束をただただ祈っております。

続きを読む

思い込みの力

ふとしたことから、北京オリンピックで金メダルを取った、ソフトボール女子チームのトレーナーである大石さんの言葉に触れました。

その話が非常に心に残ったので、一部を紹介しておきたいと思います。

一流と二流の差についてなのですが、大石さん曰く…

続きを読む

Ha Tinh のベトナム語

諸般の事情から、Ha Tinh 省のベトナム人の男の子(19歳)に日本語を教えています。

Ha Tinh 省というのは…

続きを読む

我が家のバイリンガル教育

我が家の長女は現在5歳。順調に日本語−ベトナム語の日越バイリンガルに育ちつつあります。片親が外国人(ベトナム在住なので、この場合の「外国人」は僕のこと^^)でも、バイリンガルに育たない子どもはたくさんいますから、まがりなりにも2つの言語を話せるようになっているのは、ありがたいことです。

まあいろいろ試行錯誤しながらバイリンガル子育てをしているわけですが、その方法の一端をご紹介。

続きを読む

ベトナム語翻訳家デビュー!

負傷、もとい、不詳私KEN、ベトナム語翻訳家デビュー(笑)。

日本語授業の取引先の日系企業さんから頼まれ、ベトナム語の会社定款13ページを日本語に翻訳しました。執行猶予を1週間もらいましたが、実質1日半で終了。こういう法律系とかの文書の翻訳、実は僕の得意科目(笑)。

というのも…。

続きを読む

娘の言葉がワカラナイ…

最近娘がやたらとベトナム語がうまくなりまして、時に家内と娘の間で交わされる会話が、不肖私には理解できないことがあります。

娘の言葉がわからない…。こういうときの父親の気持ちって、普通の人にはわからないでしょうねぇ。

芥川賞をとった寂寥郊野っていう短編小説があるんですが、知ってます?
これ↓

続きを読む

字幕翻訳

「青いパパイヤの香り」っていうベトナム語の映画、知っていますか?

続きを読む

ベトナム人にベトナム語指導(笑)



僭越ながら、ベトナム人にベトナム語を指導しています(笑)。

続きを読む

シュガー社員?ベトナムのこと??


最近、シュガー社員という言葉が登場したそうです。なんでも、「主に若者を中心とする、社会人としての自覚やモラルなどの欠ける者をさす言葉」なのだそうで。シュガー=砂糖→甘いから、甘やかされて育った若者が自覚なく社会人になったために近年生まれた言葉なんだそうです。(Wikipedia より引用)


その具体的な特徴を以下に。


続きを読む

シャドーイングしましょう!

突然ですが、私KENには4歳の娘がいます(あと7ヶ月の息子も)。


この娘が順調に日越バイリンガルに育っていまして、ベトナム語の発音の正確さなど、私はもう太刀打ちできません…。まあ、相手はネイティブ(の卵)なんだから、仕方がないですがくやしいです(笑)。


で、…

続きを読む

ベトナム語力、英語力。現在のKEN



ベトナム語について普段偉そうなことかいてますが…。


KENの現在の語学力を暴露しますです、恥ずかしながら。

続きを読む

ベトナム航空、客室乗務員の語学力…

<
strong>ベトナムのニュースを見ていたら…。


とある調査で、ベトナム航空のランクは3つ星(最高は5つ星)で、特に客室乗務員の語学力、接客に対する評価が低かった、そうです。


なんでもベトナム航空の組合組合長によると、客室乗務員の採用基準も問題の原因の一つだとか。


聞けばその採用基準、なんと…。

続きを読む

翻訳不能のベトナム語



ベトナム人学生によく聞かれるんですが、翻訳不能の言葉があるんです。それも日常よく使う言葉なのに…。


続きを読む

所変われば常識も変わる…



所が変われば常識も変わる。言葉の意味だって変わってくることもあるわけです。我がベトナムも例外ではありません。



たとえば…



続きを読む

ベトナムのレンタル○○メット屋


ベトナムハノイホーチミン)でAPECが間もなく行われるせいか、最近一方通行になる道がふえ、警察の検問も増えてきました。


国道一号線などの大きな幹線道では、バイクに乗るときヘルメットをかぶらないといけないのですが(街中はノーヘルでOK)、暑いからかなりの人はかぶってません。


で、

続きを読む

英語挫折日記F



アメリカで英語について、完膚なきまでに叩きのめされたので、一念奮起、英会話学校へ通うことにしました。


続きを読む

英語挫折日記E


NHKのラジオ英会話、なかなか効果があったと思います。この頃初めて受けたTOEICで、確か560点ぐらい取れました。


560点って言ったら、一般の大卒レベルをはるかに超えてます。おお、俺ってスゲエ。


続きを読む

英語挫折日記D


こうしてめでたく英会話に(ちょっとだけ)「開眼」し、バックパカーとしては敵なしの英会話力を身につけました。


とにかく、日常生活の中の「…を〜する」パターンをひたすら増やしていく。これだけでかなり話せるようになります。


いや〜、俺様もなかなかのものになったものよ、と一人悦に入っていた時期が、97年の前半ごろでした。


が、しかし。やはりというか、世の中はそんな甘くなかった…。

続きを読む

英語挫折日記C

とまあ、それから大学の英文科入学まで、英語に関しては比較的スムーズに進んでいったのですが、挫折そのAは大学卒業後に来ました。


続きを読む

英語挫折日記B


中学の1年間は、こうして英語落ちこぼれとしてすごしました。


やがて飛躍のときその@(笑)がくるのですが、それは見かねた親に、家庭教師をつけられたことから始まりました。

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。